主な工事の種類-調査診断業務-

建造物調査診断

建造物の劣化具合を調査します。目視調査から機械を使調査まで目的に応じた調査診断を行います。
特にマンションの大規模改修などでは現状把握のための調査診断が不可欠となります。

建造物調査診断の調査例

1、打診調査(ストハンマー(打診棒)で打診しながら音を聞き分けて、建物の浮きの有無を調べます。)
2、赤外線調査(サーモグラフィーで建物の表面から放出される温度差を検出することにより劣化部分を調べます。)
3、引張試験(タイルの付着力や、屋上防水の接着力の試験、アンカーピン・各種ねじ・釘等の引張強度確認、仕上げ材の劣化調査・施工確認を行います。)
4、中性化試験(コア抜きなどで壁・床からコンクリートの一部を採取し、躯体の劣化状況やコンクリート内の鉄筋への影響について調査します。)
コンクリート圧縮強度試験(シュミットハンマーにて圧力を掛けた時に、どの程度まで耐えられるかを測定します。)
鉄筋探査(コンクリートコア採取やアンカー穿孔時に内部鉄筋に損傷を与えないために、事前に建物を破壊せずに配筋状況を調査します。)
試料採取(圧縮強度試験や中性化試験のため、コンクリートコアを採取します。)

主な工事の種類