主な工事の種類-防水工事-

ウレタン塗膜防水

ウレタンゴム系樹脂を塗り重ねて連続的な膜を構成する工法です。
屋根、ひさし、解放廊下、バルコニーなどの防水に適しています。

サラセーヌ工法

AGCポリマー建材の「サラセーヌ」は、耐候性、耐久性に優れたウレタンゴムの特性を活かした高機能な建築防水システムです。

サラセーヌ工法の特徴 (クリックすると詳しい内容が表示されます)

密着性に優れる
ウレタン塗膜防水は、施工現場で塗布硬化させるため下地になじみやすく、密着性に優れています。
標準仕様として、端末の押え金物は不要です。
塗り重ね(オーバーレイ)改修可能
ウレタン塗膜防水材は密着性に優、塗り重ねが可能なので、既存防水層を全て撤去しなくても塗り重ねによる改修が可能です。既存防水材を撤去しないので産業廃棄物を低減できます。部分補修も容易です。
複雑な形状でも施工可能
塗膜防水材は、複雑な形状の屋根や設備基礎などでも施工が可能です。
シームレスな防水層
塗膜防水材は継ぎ目のない、シームレスな防水層を形成します。クッション性に優れ、歩行に適しています。
多用途や多様な色彩に対応
スポーツや遊戯施設用途に適した工法も用意しています。模様や色分け、ライン引きなどが自由に設計できます。
押え層が不要
押えコンクリート層が不要なので、屋上の軽量化が図れます。露出仕様なので維持管理が容易です。
躯体の保護
躯体と一体化した防水層を形成し、塩害や中性化を防止します。低温環境でも伸び性能を有しています。
※さらに詳しくはAGCポリマー建材株式会社のサラセーヌサイトでご確認頂けます。

ウレタン塗膜防水の施工例(サラセーヌ工法)

1、着工前
2、洗浄
3、下地処理
4、プライマー塗布
5、立上りウレタン塗布
6、ウレタン塗布1回目
7、ウレタン塗布2回目
8、トップコート塗布
9、完成

FRP防水

FRP防水とは、ガラス繊維にポリエステル樹脂をしみこませ、繊維と樹脂が一体となり、強力な防水膜を形成する工法です。
屋根材、ユニットバス、浴槽、飲料水用プレファブ型水槽、薬品タンク等の防水に適しています。

ポリルーフ防水システム

ポリルーフFRP防水は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。したがって出来上がった防水層は継ぎ目のないシームレスな構造となります。

ポリルーフFRP防水システムの特徴 (クリックすると詳しい内容が表示されます)

環境への配慮
FRP防水層から揮散する臭気を格段に低く抑えた樹脂を標準化しています。 また、シート等他の材料を複合する環境配慮型FRP防水工法も完成させ、様々な分野で採用が増加しています。
高耐久性
FRP防水の最大の特徴である耐候性・耐久性に優れている他、耐熱性、耐薬品性などにも優れた性質を持っています。
高強度と軽量化
FRP防水の一つの特徴に高強度があげられますが、m2あたりわずか3〜5kg程度の重量で強度の大きな防水層が得られます。柔軟なウレタン塗膜と複合することにより、過酷な駐車場での露出防水にも使用することができます。
飛び火認定
塗膜防水材は継ぎ目のない、シームレスな防水層を形成します。クッション性に優れ、歩行に適しています。
多用途や多様な色彩に対応
ポリルーフFRP防水では、木造住宅バルコニー防水での飛び火認定のみならず各種のシート系材料やウレタン+FRP複合防水工法においても幅広い適用が可能となりました。
豊富な工法バリエーション
ポリルーフFRP防水は、各種ポリエステル樹脂、ビニルエステル樹脂、アクリル樹脂等の樹脂とガラスマットの組み合わせ、更には他の防水材料との組み合わせで様々な用途に展開できます。
多機能
ポリルーフFRP防水では、通気シートとソーラー脱気筒の組み合わせによる通気緩衡工法、耐候性・耐汚染性に優れたシリコン系トップコートの採用、耐摩耗性や意匠性を高めるセラミックス系骨材の使用、など機能性を高める工法も次々とラインナップしていきます。
※さらに詳しくはAGCポリマー建材株式会社のポリルーフについてでご確認頂けます。

FRP防水の施工例

1、着工前
2、下地の清掃及び処理
3、プライマー塗布
4、ガラスマット貼付
5、下塗り
6、中塗り
7、トップコート
8、完成

シート防水

厚さ1.20〜2.0mmの伸縮性に富んだシート(加硫ゴムシートや塩化ビニールシート)を下地に貼り付けつなぎ合わせる防水工法です。

加流ゴムシート防水

合成高分子系のシートをつなぎ合わせて主に屋根屋上に使われる工法です。ゴム系のシートは柔軟性に富み、下地に馴染み易くALCなどの鉄骨構造物屋根の防水に適しています。

塩ビシート防水

塩ビシート防水はシートの接合部を薬品や熱で溶かして一体化させる処理を行うので、仕上がりが美しく、ゴムシート防水に比べ優れた耐久性があります。

1、着工前
2、既存防水層撤去
3、下地の清掃及び処理
4、下地への接着剤塗布
5、シート裏面への接着剤塗布(塩ビシートの裏面へも接着)
6、塩化ビニル樹脂系シート貼付
7、シート重ね部接合
8、シート端末処理プライマー塗布
9、シート端末処理シーリング材充填
10、シート端末処理ヘラ押え
11、シート重ね部シール材充填
12、完成

シーリング防水

シーリング工事とは、外壁材と外壁材の隙間や、サッシ周り、窓周りなどに伸縮性の高いゴム状の詰め物(シーリング材)で埋める工事です。

どのような建物も温度変化の影響を受け、膨張したり伸縮したりします。そのため溝を作り、そこを伸縮性のある物質で埋めることによって、建物のたわみやゆがみに追随し、機密性や防水性を確保します。

シーリング防水の施工例

1、施工前
2、既存シーリング材撤去
3、清掃
4、養生
5、プライマー塗布
6、シーリング材充填(シーリング材を充填します。
7、ヘラ押さえ
8、マスキングテープ除去
9、完成

主な工事の種類