主な工事

防水工事

防水工事

ウレタン塗膜防水

ウレタンゴム系樹脂を塗り重ねて連続的な膜を構成する工法です。
屋根、ひさし、解放廊下、バルコニーなどの防水に適しています。

サラセーヌ工法

AGCポリマー建材の「サラセーヌ」は、耐候性、耐久性に優れたウレタンゴムの特性を活かした高機能な建築防水システムです。

サラセーヌ工法の特徴

密着性に優れる ウレタン塗膜防水は、施工現場で塗布硬化させるため下地になじみやすく、密着性に優れています。
標準仕様として、端末の押え金物は不要です。
塗り重ね(オーバーレイ)改修可能 ウレタン塗膜防水材は密着性に優、塗り重ねが可能なので、既存防水層を全て撤去しなくても塗り重ねによる改修が可能です。既存防水材を撤去しないので産業廃棄物を低減できます。部分補修も容易です。
複雑な形状でも施工可能 塗膜防水材は、複雑な形状の屋根や設備基礎などでも施工が可能です。
シームレスな防水層 塗膜防水材は継ぎ目のない、シームレスな防水層を形成します。クッション性に優れ、歩行に適しています。
多用途や多様な色彩に対応 スポーツや遊戯施設用途に適した工法も用意しています。模様や色分け、ライン引きなどが自由に設計できます。
押え層が不要 押えコンクリート層が不要なので、屋上の軽量化が図れます。露出仕様なので維持管理が容易です。
躯体の保護 躯体と一体化した防水層を形成し、塩害や中性化を防止します。低温環境でも伸び性能を有しています。
※さらに詳しくはAGCポリマー建材株式会社のサラセーヌサイトでご確認頂けます。

ウレタン塗膜防水の施工例

 

佐藤防水レンタルスペース (https://sato-space.jp/)