佐藤防水のブログ

最新情報をお届けします。

鏡開き

 古来より、正月に神様へのお供えとして飾られていた鏡餅を雑煮やお汁粉などにして食べることで、一家の円満を願う習わしで、1月11日に行われるのが慣例とされておりました。鏡餅を割る際には、刃物は切腹などを連想させてしまうため用いず手や木鎚で割ったり砕いたりするのが通例とされ、また餅を細かく分ける際には切るという言葉を避けて、開くという言葉の方が運が開けることを連想するので縁起が良いと言われているそうです。今年も会社内にいい香りが漂ってきました(^^♪早く、食べたいなぁ(^^)/

佐藤防水レンタルスペース (https://sato-space.jp/)